1234567TOTAL
いずみ少年野球クラブ00001001
富岡オールスターズ011000×2
惜しい敗戦でした

わかばジュニアの2回戦を富岡オールスターズ

さんと戦いました。

 

 

初回、いずみ少年野球クラブの攻撃は三者凡退

に抑えられました。

 

先発はK.カンタ

 

キャッチャーはソウマのバッテリーです

 

サード、カイト

 

ショート、ノブヒサ

落ち着いていいプレーを連発してました

 

レフト、リイナ

 

センター、アツヤ

 

ライト、リコ

 

ファースト、I.ハルキ

セカンド、タイキ

 

相手の攻撃を三者凡に抑えて、こちらも上々の立ち上がりです。

 

2回の裏、内野安打で出塁したランナーに三塁まで進まれ

内野ゴロの間に1点を失います。

 

3回の裏、デッドボールで出塁したランナーを2回と全く同じ

形で返され、1点を追加されました。

 

4回表まで、いずみ少年野球クラブの攻撃は全て三者凡退に

抑えられていました。

 

4回裏、2アウト2,3塁のピンチを迎えますが、K.カンタが

三振に抑え流れを呼び込んできます。

 

5回の表、先頭のK.カンタがレフトオーバーの2塁打を放ち

追撃態勢を作ります。

 

続くソウマの内野ゴロの間に3塁に進み、パスボールの間に

カンタがかえり、1点を奪ってきました。

 

1点ビハインドで迎えた最終回の攻撃です。1アウトから

ノブヒサがデッドボールで出塁します。ノブヒサが2塁に

盗塁した所で続くK.カンタがセンター前にヒットを打ち

同点のチャンスを作りました。

 

1アウト2,3塁でしたがこのチャンスを生かしきれずに1-2で

敗戦となってしまいました。

 

ジュニアらしからぬ試合で選手達はよく戦っていたと思います。

相手チームのヒットはわずかに1本。それも内野安打でのもの

なのでほぼ完ぺきに抑えていたといえると思います。

 

1点を争う場面で必要な戦い方はこれから学んでいきましょう。

いつも通りの積極的なプレーは出来ていました。荒削りな分

伸びしろがたくさんあるチームです。来年やその先が楽しみに

なってきました。

 

 

ページ最上部へ戻る