1234567TOTAL
いずみ少年野球クラブ00010001
南河原リトルウィングス00000000
敵ながら素晴らしいバッテリーでした

横浜銀行カップも残り8チームとなり、川崎市の強豪

南河原リトルウィングスさんと戦いました。

 

相手ピッチャーは2018年ベイスターズジュニアに選ばれた

選手で、キャッチャーも素晴らしい守備を見せていました。

 

先発はユウヤ

 

キャッチャーはK.ダイチのバッテリーです

 

2回表、2アウトからソラがレフト前ヒットで出塁しますが

得点につながりません。

 

2回裏、先頭打者にライト前ヒットで出塁されますが

続くバッターのレフトライナーで飛び出したランナーを

刺し、チャンスの芽をつぶしました。

 

3回表、シュンスケもフルスイングしますが打ち取られます。

 

3回裏、エラーと送りバントで1アウト2、3塁のピンチを迎えます。

ここで、センターフライでタッチアップしたランナーを刺して無得点

に抑えました。

 

ファースト、頼れるソラ

 

4回フォアボールとエラーで3塁に進んだA.ダイチを置いてユウヤが

センターに犠牲フライを打ち、待望の1点を奪います。

 

4回裏からピッチャーが2番手のマコトに代わりました。

 

この回をきっちりと三者凡退で抑えて上々の立ち上がりです。

 

5回、6回と三者凡退に抑えられ6回裏に入りました。

 

6回裏、2アウトからエラーと2本のヒットで満塁のピンチを迎えます。

ここで相手チームは4番がバッターボックスに。南河原さんにとって

は願ってもないチャンスとなりました。

しかし、マコトが踏ん張って相手4番をサードゴロに打ち取って

1-0のまま最終回に入ります。

ユウヤ、気合が入ってますね

 

満塁のピンチを抑えて、迎えたベンチもしびれています。

吠えるA父、苦笑いの長谷川総監督です。

 

 

最終回、2アウトからM.カンタがセンターにヒットを打ちます。

 

しかし、得点につなげられず1-0のまま最後の守備に向かいます。

 

1アウトから内野安打で出塁したランナーをK.ダイチがさして

2アウトになります。

そこからフォアボール、デッドボールでピンチを迎えますが

最後のバッター三振に打ち取って1-0で勝利しました。

 

相手バッテリーは本当に素晴らしかったです。どちらが勝っても

おかしくない内容でしたが、2つのダブルプレーなど守備で踏ん

ばって無得点に抑えられたのが大きかったです。

 

これで大和スタジアムに進むことが出来ます。

 

いずみ少年野球クラブらしく、楽しみながら頑張っていきましょう。

 

ページ最上部へ戻る