1234567TOTAL
いずみ少年野球クラブ01310027
鷺竹クラブ少年野球部00011103
粘り強く得点を奪って勝ちました

専修大学カップの3回戦を優勝候補の一角、

鷺竹クラブ少年野球部さんと戦いました。

 

試合前のミーティングです。

オーダー発表では名前を呼ばれると

「オッシャー!」

と大きな声で返事をするのがいずみ流です。

 

 

 

初回、M.カンタがデッドボールで出塁しますが無得点に終わります。

 

1回の裏、いずみ少年野球クラブの先発はマコト

 

キャッチャーはK.ダイチのバッテリーです。

 

1アウトからセンター前ヒットでランナーを許しますが

後続を抑えて初回を無得点に抑えました。

 

2回表、2アウトからA.ダイチがセカンドへの内野安打で

出塁します。

 

続くシュンスケがライト線を破るヒットを打ち、A.ダイチが

ホームを駆け抜け1点を先制します。

 

2回の裏、相手の攻撃を三者凡退で抑えてリズムに乗ります。

 

3回の表、先頭のマコトが内野安打で出塁します。

 

盗塁で2塁へ進んだところでM.カンタのライトへの当たりが

相手のエラーを誘い、1点を追加します。

 

更にハルトの内野ゴロの間に1点を追加し、続くソラが

レフトに打球を運びこの回3点を追加しました。

 

4回の表、2アウトからフォアボールで出塁したマコトを

置いて、M.カンタがレフト線を破る3ベースヒットを打ち

1点を追加しました。

 

4回裏、エラーが重なったこともあり1点を失いました。

 

5回の表、2アウトからA.ダイチがレフト前ヒットで出塁

しますが後が続きません。

 

5回の裏、2本のヒットで1点を失いました。

 

6回の表は三者凡退で終え、6回裏からピッチャーが

2番手のユウヤに代わりました。

 

エラー絡みで1点を失いますが、後続を抑えます。

 

最終回の攻撃です。

デッドボールで出たM.カンタを置いて、ハルトの内野ゴロが

相手のエラーを誘い、1点を追加しました。

2アウトからA.ダイチが猛打賞となる3本目のヒットを打ち

1点を追加し、最終回の攻撃を終えました。

 

最終回の相手の攻撃をユウヤがしっかりと抑えて準々決勝

進出を決めてきました!

 

細かいミスはありましたが、暑さと緊張しているコンディションの

中ではよく動けていたと思います。

 

次は優勝候補の筆頭、富岡オールスターズさんという強豪チーム

との戦いです。

強い相手と戦えること楽しみながら自分たちの力をしっかり

出し切っていきましょう。

ページ最上部へ戻る