1234TOTAL
いずみ少年野球クラブ10124
西が岡ベアーズ042×6
小林監督
「選手達は何も悪くなかったです。私の采配ミスでした。すみません。」
* 7/9 詳細をUpしました

泉が丘親善少年野球大会、低学年チームの準々決勝戦を

西が岡ベアーズさんと戦いました。

 

試合開始です。

 

初回、先頭のK.カンタがレフト線に3ベースヒットを打ち

チャンスを作ります。

 

相手エラーで1点を奪いますが、この回は1点どまりでした。

 

先発はノブヒサ

 

キャッチャーはアツヤのバッテリーです

 

サード、ソウマ

 

ショート、K.カンタ

 

セカンド、タイキ

 

ファースト、I.ハルキ

 

ライト、リイナ

 

センター、カイト

 

ライト、ショウタロウ

 

1回の裏、フォアボールとエラーでランナーを2人

出しましたが、後続を抑えて上々の立ち上がりです。

 

2回の表、いずみ少年野球クラブの攻撃は三者凡退で

終わりました。

 

2回の裏、フォアボールで2人のランナーを出した所で

相手バッターに長打を浴びて3点を奪われました。

更にヒットで出たランナーをスクイズで返され1点を

追加され、この回4点を失います。

 

3回の表、ショウタロウがレフト前ヒットで出塁します。

 

大事なランナーでしたが、盗塁の後セカンドで刺されてしまいます。

続くK.カンタがライト前にヒットを打ちます。

 

ここも相手エラーで1点を奪いますが、後続が打ち取られて

追い上げることが出来ません。

 

3回の裏、先頭打者にフォアボールを与えた所でピッチャーが2番手の

K.カンタに代わります。

 

送りバントで進塁したランナーをスクイズで返そうとしましたが

落ち着いた守備でアウトにしました。

しかし、2アウトか死球とエラーでこの回も2点を奪われ2-6と

点差を広げられます。

 

4回の表、フォアボールで出たI.ハルキを置いて3回の裏から

出場のリコが内野安打で1点を返します。

 

更にノブヒサの犠牲フライなどで1点を追加しましたが反撃も

ここまででした。

 

毎回の7奪三振を奪われ、今日は打撃が振るいませんでした。

春先にしっかり勝てた相手だったので、たくさん練習をして

近いうちにくるリベンジのチャンスを待ちましょう。

 

 

ページ最上部へ戻る