12345TOTAL
いずみ少年野球クラブ002002
町田玉川0013×4
小林監督
「ノブヒサはよく投げました。K.カンタと競争し、お互い良いライバルとして負けないように頑張って下さい。バッティングに関しては毎週ですが、平日素振り不足で土曜日は振りが鈍すぎます。この打力では正直勝てません。」

ベイサイドカップの6回戦を町田玉川さんと戦いました。

 

メンバー発表です

 

恒例の挨拶写真を撮りました

 

初回、いずみ少年野球クラブの攻撃は三者凡退で終わります。

 

先発はノブヒサ

 

キャッチャーはアツヤのバッテリーです

 

サード、ソウマ

 

セカンド、ショウタロウ

 

ショート、K.カンタ

 

ファースト、I.ハルキ

 

先頭打者にデッドボールを与えてしまいますが落ち着いて立て直し

この回3人で相手の攻撃を抑えました。

 

2回の表、2アウトからリイナがセンター前ヒットで出塁します。

 

しかし、後続が続かずこの回も無得点で終わります。

 

2回の裏、フォアボールを2つ出しますが三振を3つ取って

この回も無得点に抑えました。

 

3回の表、ショウタロウとK.カンタが連続フォアボールで

出塁しチャンスが広がります。

 

 

アツヤの進塁打でランナー2,3塁と得点のチャンスです

 

ノブヒサの打席でパスボールがあり1点を奪います。

結局ノブヒサはフォアボールで更にチャンスが広がります。

 

ここで4番I.ハルキのファーストゴロが相手チームの

フィルダースチョイスを誘い、更に1点をあげました。

 

しかし、後続が続かずこの回は2得点となりました。

 

3回の裏、2アウトから相手の連続安打で1点を失います。

3回を終わって7奪三振とノブヒサのピッチングは上々です。

 

4回の表、3者凡退できっかけをつかめません。

 

4回の裏、シングルヒットを3本打たれ、エラーも重なって

3点を奪われます。

 

最後の攻撃となった5回の表もフォアボールでK.カンタが

出塁しただけでゲームセットとなりました。

 

安打はリイナのヒット1本だけだったので打ち負けた感じでした。

攻撃野球が目標のチームです。しっかり練習して次に向かって

いきましょう。

 

 

 

 

ページ最上部へ戻る