1234567TOTAL
いずみ少年野球クラブ00001102
旭北少年野球部00000000
我慢比べを制しました

5月27日、開会式後の開幕試合を相鉄沿線少年野球連盟

大会準優勝の強豪、旭北少年野球部さんと戦いました。

 

両翼95mの広大な球場でもあり、開幕試合ということで

数チームが観戦していて、選手達も緊張したようです。

 

試合開始です。

 

初回、相手ピッチャーに三者凡退に抑えられます。

旭北はサウスポーの素晴らしいピッチャーです。

 

先発はユウヤ

 

キャッチャーはK.ダイチのバッテリーです

 

先頭打者をフォアボールで出しましたが、後続をきっちりと

3人で抑えて、ユウヤも上々の立ち上がりを見せます。

 

ファースト、カナル

 

セカンド、リクト

 

サード、M.カンタ

 

ショート、マコト

 

レフト、ハルト

 

センター、A.ダイチ

 

ライト、ソラ

 

2回は両チームとも三者凡退に終わり投手戦の様相が色濃くなって

きました。

 

3回表、ソラが相手サードのエラーで出塁しますが、後続が続かず

得点をあげることが出来ません。

 

3回の裏、2アウトからレフト前ヒットを打たれました。その後盗塁

でランナーセカンドとなった所で2塁ランナーがディレイドスチール

を試みますが、バッテリーが落ち着いてアウトにしました。

 

4回表、2アウトからK.ダイチがフォアボールで出塁したところで、

4番のハルトが左中間にヒットを放ちチャンスを広げます。

 

続くマコトがセンター前にはじき返しますが、得点を奪うことは

出来ずに0-0のまま試合が動きません。

 

4回の裏、センター前ヒットを打たれますが、後続を抑えて

この回も無得点で試合は後半に入りました。

 

試合が動いたのは5回でした。ソラがセンターへ2ベースヒットを

放ちます。

 

主将のシュンスケがレフトにはじき返し1点を奪いました。

 

5回裏、ピッチャーが2番手のマコトに代わります。

 

この回フォアボールを一つ出しますが後続を抑えて1-0のまま

終盤に向かいます。

 

6回の表、追加点が欲しい所でA.ダイチがライト前ヒットを放ち

相手エラーもあり一挙に三塁へ進みました。

 

続くK.ダイチが外角の難しい球をセンターにはじき返し、

待望の追加点を奪います。

 

更に追加点を狙いますが、相手チームの好守備に阻まれて得点を

あげることが出来ません。

 

6回裏、マコトの好投で3者凡退におさえますが、

7回の表、いずみ少年の攻撃も無得点に抑えられます。

 

2-0で迎えた最終回、先頭バッターにセンター前ヒットで出塁され

嫌な雰囲気になります。

ここでK.ダイチが盗塁を試みたランナーを刺し、貴重なアウトを

掴みます。

 

続くバッターにレフトオーバーの2塁打を打たれましたが後続を

打ち取って2-0で初戦を白星で飾りました。

 

 

 

戦歴が示す通り、旭北少年野球部さんは素晴らしいチームでした。

ピッチャーの制球の良さ、バッターのスイングの鋭さなど見習う

所が多くありました。

 

今回の勝因はロースコアーゲームで大切な「エラーをしない」部分

でいずみ少年野球クラブの方がわずかに勝っていた所でしょうか。

1試合をノーエラーで守り切った選手たちはよく頑張ったと思います。

 

攻撃の面ではまだまだ課題がありますが、前日に練習できないなど

厳しいコンディションの中で勝ち切った所に価値があると思います。

 

今大会はすべてが強豪チームとの戦いです。優勝するためにもっと

もっと精度を上げていけるように練習していきましょう。

 

ナイスファイトでした。

 

 

 

 

ページ最上部へ戻る