1234TOTAL
深谷フレンズ00000
いずみ少年野球クラブ520310
無失点に抑えました

第19回関東学童秋季軟式野球大会 新人戦の決勝戦2回戦です。

相手は同じ通信隊で練習に励んでいる深谷フレンズさんでした。

 

1回表、相手チームの攻撃を3者凡退で抑えました。

 

1回裏、先頭のユウヤがセンター前ヒットで出塁します。

 

ユウヤが2盗を決めた後、カナルがプッシュ気味の絶妙なバントで

自身もセーフとなり1,3塁のチャンスを迎えます。

 

カナルが2盗をきめてランナー2,3塁となった所でK.ダイチがあわや

ホームランというライトフェンス直撃の2塁打を放ち、2点を先制します。

 

相手のワイルドピッチでK.ダイチが3塁に進みます。

マコトが三振の後、A.ダイチが左中間にヒットを放ち

1点を追加します。

 

A.ダイチが2盗を決めた後、M.カンタが三塁への内野安打で出塁し

ランナー2,3塁となりました。

ここでハルトがスクイズを決め相手守備のスキをついてM.カンタ

ホームインしてこの回5点を先制しました。

 

2回表、先頭打者に2塁打を打たれます。2人目のバッターを三振に

仕留めますが、3人目の打席で3盗を決められ1アウト3塁となります。

しかし、後続をしっかり仕留めてこの回も0点に抑えました。

 

2回裏、シュンスケは内野ゴロで倒れましたが、続くユウヤ

フォアボールで出塁します。

ユウヤが2盗を決めた後、カナルの内野ゴロの間にユウヤは3塁へ。

K.ダイチがフォアボールと盗塁でランナー2,3塁となった所で

マコトがレフト前にヒットを放ち、2点を追加します。

 

3回表、先頭打者にレフトオーバーの2塁打をゆるします。

2人目がピッチャーゴロの間に3塁へ進み2回と同じ1アウト

3塁のピンチです。

しかし、ここでもマコトと守備陣が踏ん張り、内野ゴロ3つで

この回も0点に抑えました。

 

3回裏、M.カンタがサードゴロで倒れますが、続くハルト

センター前ヒットと盗塁で2塁へ。

リクトが送りバントを決めてハルトが3塁に進みます。

 

しかし、後続が倒れこの回無得点でした。

 

4回表、先頭打者がレフトオーバーを放ちますが守備の連係が

うまくいき、シングルヒットに抑えます。

相手ランナーの2盗をキャッチャーのK.ダイチが刺し、後続も

打ち取りこの回も0点に抑えました。

 

4回裏、カナルがフォアボールと盗塁でランナー2塁の場面です。

K.ダイチはレフトフライに倒れますが、マコトがレフト前に

ヒットを放ち1点追加。

A.ダイチの打席の間にマコトが2盗、3盗を決めA.ダイチ

フォアボールで出塁し、その後2,3塁となりました。

ここでM.カンタがスクイズを決め1点追加します。

 

続くハルトのサードゴロで相手のエラーが出て

A.ダイチが生還し10点目をあげコールド勝ちとなりました。

 

2回以降は毎回先頭打者に出塁される苦しい展開になりましたが

マコトのピッチングと守備の堅さで無失点に抑えられました。

 

次はいよいよ準々決勝です。

 

いつもの野球で頑張っていこうね。

 

 

 

 

 

ページ最上部へ戻る